海外工場診断 - テクノ経営総合研究所海外展開サイト

海外事業所・海外工場1日診断Factory Diagnosis

海外工場診断

テクノ経営総合研究所の海外事業所・工場診断の特色

テクノ経営総合研究所では、海外事業所・海外工場における1日診断を行なっております。

① 海外工場・専任コンサルタントが担当

海外工場現場で数々の改革を成功に導いてきた精鋭コンサルタントが担当いたします。

② 海外工場が抱える課題にズームアップ!

生産性向上、品質改善、コストリダクション、納期対応、人材育成など、貴社の課題やご要望に応じた診断テーマを設定させていただきます。

③ 課題解決の処方箋を提供!

工場マネジメント力向上、ローカル管理者の育成、工場改革の進め方など、幅広い角度から貴社工場の課題解決にお役立ていただける情報を提供いたします。

1日企業診断/工場診断の流れ

① トップインタビュー

1日企業診断/工場診断の流れ1
海外工場の経営課題について
現在感じておられる問題点や特にお困りの点をお聞きします。

② 工場見学(現場視察)

1日企業診断/工場診断の流れ2
現場に潜むムダ・ムリ・ムラを調査
ものづくり現場、職場における業務状況を拝見し、
人・モノ・設備・情報の改善要素を分析します。

③ 現地管理監督者インタビュー

1日企業診断/工場診断の流れ3
ローカル人材(リーダー)の意識・モチベーションについて
管理・監督者を中心に、ローカル人材の方が
普段感じておられる職場の問題、意識のレベルを把握します。

④ 一日工場診断簡易レビュー

1日企業診断/工場診断の流れ4
プロの視点で、問題の本質と改善・改革の方向性をご説明
当日のヒアリングや工場視察から感じた点を、
コンサルタントが所感としてご説明させていただきます。

⑤ 企業分析・診断報告会

1日企業診断/工場診断の流れ5
海外工場の課題解決に向けてスタート
インタビューと視察内容をもとに、ものづくり改革の構想、
期待される定量・定性的成果を提案させていただきます。

こんなお悩みにお応えします!

・品質不良やクレームが多い
・工場の収益性が悪い
・整理・整頓が定着しない
・現地との意識にギャップがある
・設備保全の不備、稼働率低下
・職場コミュニケーションに問題
・納期が守れない
・現地の人材育成ができない
・各部門の連携力が活かせない
・職場の報・連・相が不足
・ローカル化が進まない
・海外工場の立ち上げでトラブル
・その他

お問い合わせはこちらから